百姓を目指し...日々雑感

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←もしもし亀よ亀さんよ →サザザさん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 遊び
もくじ  3kaku_s_L.png 食生活
もくじ  3kaku_s_L.png 食養食材
もくじ  3kaku_s_L.png 虫達の生態
もくじ  3kaku_s_L.png 国政
もくじ  3kaku_s_L.png 福島子供
もくじ  3kaku_s_L.png 映像
もくじ  3kaku_s_L.png 動物の生態
もくじ  3kaku_s_L.png 良書
もくじ  3kaku_s_L.png 田畑
もくじ  3kaku_s_L.png 建築関係
もくじ  3kaku_s_L.png 放射線測定
もくじ  3kaku_s_L.png 復興
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 汚染状況
もくじ  3kaku_s_L.png 土壌微生物
もくじ  3kaku_s_L.png 両生類
もくじ  3kaku_s_L.png アニメ
もくじ  3kaku_s_L.png 秘密兵器
もくじ  3kaku_s_L.png 放射能浄化
もくじ  3kaku_s_L.png お笑い
もくじ  3kaku_s_L.png 陰謀か?
もくじ  3kaku_s_L.png 本来のメディア
もくじ  3kaku_s_L.png 予言
もくじ  3kaku_s_L.png 隠蔽電力会社
もくじ  3kaku_s_L.png アイソトープ法
もくじ  3kaku_s_L.png 人体の神秘
もくじ  3kaku_s_L.png 人体と放射線
もくじ  3kaku_s_L.png 収穫作業
もくじ  3kaku_s_L.png おまじない
もくじ  3kaku_s_L.png 自然の芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 自然の造形美
もくじ  3kaku_s_L.png 除染作業
もくじ  3kaku_s_L.png ドッキリ?映像
もくじ  3kaku_s_L.png 脱原発画像
もくじ  3kaku_s_L.png 種を巡る情報
もくじ  3kaku_s_L.png 世界農業事情
もくじ  3kaku_s_L.png 静岡原発問題
もくじ  3kaku_s_L.png 著名関係
もくじ  3kaku_s_L.png 間違い探し
もくじ  3kaku_s_L.png 快適空間
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 市政
もくじ  3kaku_s_L.png 県政
もくじ  3kaku_s_L.png ガレキは資源
もくじ  3kaku_s_L.png 放射能の勉強
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史探求
もくじ  3kaku_s_L.png トンデモ大発明
もくじ  3kaku_s_L.png ことば
もくじ  3kaku_s_L.png ことばの力
もくじ  3kaku_s_L.png 日本文化
もくじ  3kaku_s_L.png 日本の技術
もくじ  3kaku_s_L.png 微生物資材
もくじ  3kaku_s_L.png 偉人
もくじ  3kaku_s_L.png 頭の体操
もくじ  3kaku_s_L.png 超能力
もくじ  3kaku_s_L.png 生活の知恵
もくじ  3kaku_s_L.png 面白活用法?
もくじ  3kaku_s_L.png 洗心
もくじ  3kaku_s_L.png お気楽地球人
  • 【もしもし亀よ亀さんよ】へ
  • 【サザザさん】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

田畑

草の生命力

 ←もしもし亀よ亀さんよ →サザザさん
今年から挑戦している稲作ですが、コンディションを作り切れていないうちに無理やり植えてしまったので
覚悟はしていましたが…うん、凄いです。

何がというと、雑草の繁殖力!!暫く余裕かましていたらこんなになっていました↓
IMG_0279 (500x375)
Kトラ山もり一杯は収穫できそうです。(これが食べられる野菜だったら、百姓で食べてく自信になるのですが…)
今のところは日々経験という感じで、農家の方が除草剤に頼るきもちがよ~くわかりました。
こんだけ草がとれても作っている田んぼの広さは、10aないですからね8aくらでひーひーいってます。因みにここの田んぼの草取りにつかまっていると、ほかの畑に行くと立派に育っているのですよねー雑草が特に…「だんし3日あわざればかつもくしてみよ」という諺があるように草がまさしくその状態なのです。

「暫く見ない間にこんなに立派になっちゃって!」と独り言を言いながらありがたく作物の緑肥にしています。
まだまだ勉強ですが、色々試して草のコントロールができるようになったら、将来は1町くらい作りたいと思ってます。勿論除草剤や化学肥料ナッシングです。

あまりに下手なので写真アップは躊躇してしまうのですが現在の稲君はこんな感じです↓
IMG_0280 (500x375)
周りと比べて植えつけ時期が遅かったので小さいですが、まぁ順調に育ってくれています(感謝!感謝!)

それにしても台風がそれてくれてよかったです。

因みに福島にお住まいのご家族で夏休み子供さんを疎開させたい方がいらっしゃったら、草取り手伝いがてらこちらにステイしてみませんか?とお願いしてみたい心境でした。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 遊び
もくじ  3kaku_s_L.png 食生活
もくじ  3kaku_s_L.png 食養食材
もくじ  3kaku_s_L.png 虫達の生態
もくじ  3kaku_s_L.png 国政
もくじ  3kaku_s_L.png 福島子供
もくじ  3kaku_s_L.png 映像
もくじ  3kaku_s_L.png 動物の生態
もくじ  3kaku_s_L.png 良書
もくじ  3kaku_s_L.png 田畑
もくじ  3kaku_s_L.png 建築関係
もくじ  3kaku_s_L.png 放射線測定
もくじ  3kaku_s_L.png 復興
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 汚染状況
もくじ  3kaku_s_L.png 土壌微生物
もくじ  3kaku_s_L.png 両生類
もくじ  3kaku_s_L.png アニメ
もくじ  3kaku_s_L.png 秘密兵器
もくじ  3kaku_s_L.png 放射能浄化
もくじ  3kaku_s_L.png お笑い
もくじ  3kaku_s_L.png 陰謀か?
もくじ  3kaku_s_L.png 本来のメディア
もくじ  3kaku_s_L.png 予言
もくじ  3kaku_s_L.png 隠蔽電力会社
もくじ  3kaku_s_L.png アイソトープ法
もくじ  3kaku_s_L.png 人体の神秘
もくじ  3kaku_s_L.png 人体と放射線
もくじ  3kaku_s_L.png 収穫作業
もくじ  3kaku_s_L.png おまじない
もくじ  3kaku_s_L.png 自然の芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 自然の造形美
もくじ  3kaku_s_L.png 除染作業
もくじ  3kaku_s_L.png ドッキリ?映像
もくじ  3kaku_s_L.png 脱原発画像
もくじ  3kaku_s_L.png 種を巡る情報
もくじ  3kaku_s_L.png 世界農業事情
もくじ  3kaku_s_L.png 静岡原発問題
もくじ  3kaku_s_L.png 著名関係
もくじ  3kaku_s_L.png 間違い探し
もくじ  3kaku_s_L.png 快適空間
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 市政
もくじ  3kaku_s_L.png 県政
もくじ  3kaku_s_L.png ガレキは資源
もくじ  3kaku_s_L.png 放射能の勉強
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史探求
もくじ  3kaku_s_L.png トンデモ大発明
もくじ  3kaku_s_L.png ことば
もくじ  3kaku_s_L.png ことばの力
もくじ  3kaku_s_L.png 日本文化
もくじ  3kaku_s_L.png 日本の技術
もくじ  3kaku_s_L.png 微生物資材
もくじ  3kaku_s_L.png 偉人
もくじ  3kaku_s_L.png 頭の体操
もくじ  3kaku_s_L.png 超能力
もくじ  3kaku_s_L.png 生活の知恵
もくじ  3kaku_s_L.png 面白活用法?
もくじ  3kaku_s_L.png 洗心
もくじ  3kaku_s_L.png お気楽地球人
  • 【もしもし亀よ亀さんよ】へ
  • 【サザザさん】へ

~ Comment ~

雑草の繁殖力 

 雑草の繁殖力って凄いですね!これらの田んぼの雑草も緑肥にするのでしょうか?

>勿論除草剤や化学肥料ナッシング

素晴らしい事です。大変でしょうが、是非とも貫いて下さいませ。

>色々試して草のコントロールができるようになったら、

これは理想ですね。色々な雑草から自然農薬が作れるようですし、畑に混植しても、害虫よけ、病気予防になるようですね。私は『混植』と言うよりも『抜き残す』と言う感じですが・・。
タンポポ、ハコベ、スギナ、アサガオ、ツキミソウ、ドクダミ、タケザサ・・
昨年、『自然農薬で防ぐ病気と害虫』と言う本の前書きの
「四季折々に咲く花には、その土地でその頃出やすい病害虫を寄せつけぬ成分があるようです。」
と言う一節を読んで、なるほど!・・と目から鱗が落ちました。

 昨年芝生を潰して家庭菜園を始めたばかりの私は、今年はちょっと自然農薬を研究したいと思っていたのですが、原発事故で、それどころでは無くなってしまいました。件の本も読み直していませんし、もう一冊買った自然農薬の本もまだ読んでいません。

田んぼの稲の写真にも感動しました。田んぼを作っていらっしゃると、「プロ」と感じます。放射能の心配がある程度無くなったら(・・っていつの事でしょう??)御指南戴きたい・・と感じました。

Re: 雑草の繁殖力 

雑草様

こちらにもコメントありがとうございます^^
>  雑草の繁殖力って凄いですね!これらの田んぼの雑草も緑肥にするのでしょうか?
体感ですが、田んぼは畑より格段に繁殖力がありますね。この田圃は田植え前まで雑草はやし放題だったので尚更です。(貸してくださった方が3年前に除草剤を使っていたのでその浄化の為、自然のままにしてました)

> >勿論除草剤や化学肥料ナッシング
> 素晴らしい事です。大変でしょうが、是非とも貫いて下さいませ。
暖かいお言葉ありがとうございます。励みになります^^
作るからにはアレルギーや病気の方が食べても大丈夫な作物を作りたいです。福岡さんや木村さんはこの道での目標ですが、実際挑戦すると大変なことがわかります。それでも来年は勝手がわかってきているので、少しはスムーズにいくと睨んでいます。働きながらでも行けるかな?という感じです。

> >色々試して草のコントロールができるようになったら、
> これは理想ですね。色々な雑草から自然農薬が作れるようですし、畑に混植しても、害虫よけ、病気予防になるようですね。私は『混植』と言うよりも『抜き残す』と言う感じですが・・。
> タンポポ、ハコベ、スギナ、アサガオ、ツキミソウ、ドクダミ、タケザサ・・
「抜き残す」←流石です^^
私も「刈り残す」&「抜き残す」で挑戦しています。地力が本来あるべき姿に戻るまでは、雑草というのは、地力を回復する為に必要な物が生えてくると、勝手に思っていますので、残すのは良いのでは?と感じています。

また、土の中では植物の根の部分に微生物層が濃くなる傾向であることが掴めているので、雑草の存在も私にとっては必要な存在です。地主さんや周りの方々は近代農法の信者みたいな方々が多いので雑草だらけだと白い眼で見られますが・・・。周りで自然農法を実践している先輩方の畑を拝見すると雑草の中でいきいきと育っているのですよね^^できる作物は周りと比べて小ぶりな物も多いけど、エネルギーというかパワーの違いが分かります。まじかで良い野菜を見れる機会があるので、やはり信念は貫きたいですね^^

> 昨年、『自然農薬で防ぐ病気と害虫』と言う本の前書きの
> 「四季折々に咲く花には、その土地でその頃出やすい病害虫を寄せつけぬ成分があるようです。」
> と言う一節を読んで、なるほど!・・と目から鱗が落ちました。
よさそうな本ですね、宜しければ著書の名前を教えてください。おっしゃられたこと、私もどこかの著書で読んだと思います。

>  昨年芝生を潰して家庭菜園を始めたばかりの私は、今年はちょっと自然農薬を研究したいと思っていたのですが、原発事故で、それどころでは無くなってしまいました。件の本も読み直していませんし、もう一冊買った自然農薬の本もまだ読んでいません。
芝生の件はブログで拝見させていただいてました。コメントは書いてませんでしたが心では応援してましたよ^^b
芝生を殲滅する大変さは我が家にも芝生が少し生えているので理解できます。

> 田んぼの稲の写真にも感動しました。田んぼを作っていらっしゃると、「プロ」と感じます。放射能の心配がある程度無くなったら(・・っていつの事でしょう??)御指南戴きたい・・と感じました。
こんな写真からも何か感じていただけてありがたいです^^まだまだプロには程遠いですが、実績を積んでこの道だけで生活できるくらいになりたいと思います。

雑草さんにご指南なんてとんでもねぇっす!!ただ、田んぼは畑よりも微生物というか嫌気性の細菌が繁殖しやすい環境にあるので、光合成細菌や乳酸菌が活躍しやすいはずです。ですから、EMとかを活用すれば、発生源さえとまれば3年くらいの歳月で問題のないレベルまで持っていけるのでは?と感じています。勿論汚染の度合いにもよりますけど。

光合成細菌は光を活動エネルギーとしていて、自身の活動エネルギーとして使う他、炭素の固着を行う性質も持ち合わせているようですね?素人的な考えでアレですが、論理的にいえば、放射能が舞い降りた地域は、これらの微生物浄化法を用いることによって、汚染前よりも豊かな土壌に生まれ変わることができると感じます。
福島はとても美味しいお米がとれることで、ヤミ米屋の間では有名だと思いますが、色々調べていくと山に眠っているミネラルの存在が出てきました。雪解け水の中のミネラルが豊富なので、気候的な条件もプラスされて出来るお米が美味しいのですよね^^ 品評会で1位をとったことがあるのもうなずけました。

雑草さんが田んぼに挑戦されるときは、よろこんで馳せ参じましょう^^

田んぼに挑戦するのはずっと先の事かと思いますが・・ 

 アルテミスさんの周りに自然農法を実践されている方がいるとは、心強いですね。近代農法の信者みたいな方の白い目に負けずに頑張って下さいね。近代農法って言うものの本質は、石油漬け農業ですからね。
>できる作物は周りと比べて小ぶりな物も多いけど、エネルギーというかパワーの違いが分かります。

その差が実感できるとは羨ましいですね。確かに自然農法で栽培した作物は、小ぶりだったり形が悪かったりもしますが、味が濃くて香ばしいですね。

『自然農薬で防ぐ病気と害虫』 の作者は、古賀綱行 と言う方で、有機無農薬で農業を続けて来られた方です。出版社は 農文協です。
 きちんと体系だって書かれた本ではありませんが、とても有意義で色々面白かったので、この春畠を作る前にもう一度読みなおそうと思っていたら、3.11が起こりました。

>芝生を殲滅する大変さは我が家にも芝生が少し生えているので理解できます。

芝生は手強い相手ですが、それだけ撃退する面白さもありますね。まあ、狭い面積だからそう思うのですが、広かったら大変ですね。

>実績を積んでこの道だけで生活できるくらいになりたいと思います。

アルテミスさんは稲作は今年が初めてですか?農業歴はどの位ですか?

>光合成細菌は光を活動エネルギーとしていて、自身の活動エネルギーとして使う他、炭素の固着を行う性質も持ち合わせているようですね?

光合成細菌についてはよく知りませんが、光合成自体が炭素の同化作用ですから、大気中の二酸化炭素から炭素を固定すると言えましょう。除染のヒントになるかも知れない情報を戴き有難う御座います。

Re: 田んぼに挑戦するのはずっと先の事かと思いますが・・ 

雑草様

続けてのコメントありがとうございます^^
私は農業といえるほどのことはやっておりませんが、畑に関わってからは4年目田んぼは今年初めての挑戦になります。古賀さんの著者の紹介ありがとうございました^^図書館で探して読んでみたいと思います。

「石油漬け農業」←本質をずばりついてきましたね流石です^^
農薬に化学肥料はまさに該当しますね。これをすべて否定する訳ではないですが、アレルギーや原因不明の病がかなり増えた現代では容認できるレベルではありません。

光合成細菌は良いみたいです。雑草さんが、ご希望であれば松葉エキスをミックスしたEMもどきを差し上げます
薄めて散布してみて下さい。

>微生物浄化法 

 正直な事を書きますと、微生物浄化法、EM等の放射能浄化のシステムがわからないし、疑ってもいます。

知人で会津の地で有機無農薬農法をやっている方は、「古代海藻粘土」で放射能除染が出来るから、自分の農地に撒くと言ってますが、それもやはり疑っています。

 私の意味する「除染」とは、放射能汚染した物から放射性物質を他の物に移して取り除くと言う意味です。つまり、水で洗い流したりするイメージです。放射能は時間のみの関数で、時間以外に放射性物質から放射能を無くする事は不可能と考えています。

 「薄めたEMを撒いて、放射性物質を浄化する」

というのはどのような概念、原理なのでしょうか?

まあ、理屈はどうあれ事実として除染出来れば素晴らしい事です。

>EMとかを活用すれば、発生源さえとまれば3年くらいの歳月で問題のないレベルまで持っていける

が実現すれば非常に画期的な事かと思います。凄い事です。駄目元でも試してみる価値はあるでしょう。

 当方、3.11以降今年は、脱原発運動が第一で、家庭菜園に力を入れる積りは無かったので、ちょっと考えさせて下さい。

菌が放射性物質を食べる。 

 追伸です。
 今回の原発事故での稲作の放射能対処法について槌田敦さんがおっしゃっていた事ですが、
 低レベルの汚染米は食べるとして、中程度の汚染米は、日本酒にすればいいと言う事でした。何故なら、放射性物質は、発酵菌が食べて発酵菌の中に入ってしまうから、あとはそれをろ過して取り去ればよいとの事。
 微生物浄化法もそういう事なのかと思います。
 
 余談ですが・・
槌田敦さんのお話の『締め』(・・敢えて『オチ』とは表現しませんね。。)は、
 「高レベルの汚染米は、東電に買い取らす」
です。
 勿論、高レベルほど高値買い取りでしょう。
1Bq 1円 でも高いとは言えないでしょう。

Re: >微生物浄化法 

雑草様こんにちは^^
>  正直な事を書きますと、微生物浄化法、EM等の放射能浄化のシステムがわからないし、疑ってもいます。
率直なご意見ありがとうございます。私も科学者や研究者ではないので実験して出た結果を述べているのではないのですが、EMの浄化イメージは、不安定な人工放射性物質の電子を微生物たちが少しずつそぎ取っていき、結果的に人体や動植物へ影響がでないようなレベルまで持って行ってくれると解釈しています。

> 知人で会津の地で有機無農薬農法をやっている方は、「古代海藻粘土」で放射能除染が出来るから、自分の農地に撒くと言ってますが、それもやはり疑っています。
面白い農法をやっている方がいらっしゃるのですね^^古代海藻粘土はしらないですが、貝化石と同じような効果がありそうかな?とかんじます。

>  私の意味する「除染」とは、放射能汚染した物から放射性物質を他の物に移して取り除くと言う意味です。つまり、水で洗い流したりするイメージです。放射能は時間のみの関数で、時間以外に放射性物質から放射能を無くする事は不可能と考えています。

おっしゃるとおり、当初は私も同様な考えでしたし、その方法も効率的でありだと感じます。しかし、除染物質を集めた(いわゆる濃縮)吸着物はやはり高放射性廃棄物として管理しなければならないですし、そうするとそれに関わる人々を被ばくさせてしまう危険性も高くなります。私は放射線の毒性は原子核から飛び出す電子でその数が異様に多い(高エネルギー体)であることが問題だと感じているので、それらを補う方法があれば時間以外にも解決策があるのかな?と思います(希望的憶測かもしれませんが、現代では量子力学という科学から、諸所の原子を構成する波が存在するところまでできてきたので、たとえば放射性物質の持っている波をなんらかの方法で放射性物質でない普通の物質へ変化させることもできるのではないか?とも考えちゃうのです。これができると、錬金術といわれたものや、物質の空間移動、そもそも物としての存在意義がとわれてきそうなのでトンデモメルヘンな世界かもしれません。)

>  「薄めたEMを撒いて、放射性物質を浄化する」
> というのはどのような概念、原理なのでしょうか?
微生物群、主格は光合成細菌でしょうけど、放射性物質から電子を少しづつはぎ取っていくような原理だと感じています。
実際微生物の関わりはカオスすぎて、科学的にも解明されていない分野が非常に多いですし。

EMはチェルノブイリの土壌汚染でも一定の成果を上げているようなので期待してます。

> まあ、理屈はどうあれ事実として除染出来れば素晴らしい事です。
他にも方法が出ていないだけで、あるとは思います。
本当におっしゃるとおりです^^

>  当方、3.11以降今年は、脱原発運動が第一で、家庭菜園に力を入れる積りは無かったので、ちょっと考えさせて下さい。

私も百姓を目指してはいますが、これだけでは食べていけるレベルでは全然ないので家庭菜園の域をまだまだでていません。脱原発運動素晴らしいと思います。一回の事故で何年~何十年もの期間人々を苦しめるような産物は、人類の英知の結晶ではなく、エゴの塊の産物だと感じています。家庭菜園されるようになったら色々情報交換できると嬉しいです。

Re: 菌が放射性物質を食べる。 

雑草様こちらでもありがとうございます。

>  追伸です。
>  今回の原発事故での稲作の放射能対処法について槌田敦さんがおっしゃっていた事ですが、
>  低レベルの汚染米は食べるとして、中程度の汚染米は、日本酒にすればいいと言う事でした。何故なら、放射性物質は、発酵菌が食べて発酵菌の中に入ってしまうから、あとはそれをろ過して取り去ればよいとの事。
>  微生物浄化法もそういう事なのかと思います。
なるほど、そういう方法もあるのですね。さらにそれをろ過する考えは石橋を叩いてという感じでよいですね^^
私は個人的に漬物を有効活用できるとよいと感じてます。特に3年5年漬けても食べられる方法のものです。
日本の文化の中には、色々ありますね。味噌や梅干しは代表格です。
普通に汚染された食品を口に入れるのではなく、時間も経過して、さらに微生物の分解効果も望める食べ方になりますので、今ある環境の中での摂取リスクの軽減方法はこれがベストかな?と感じてます。
科学的検証が必要になりますが、この方法をとれば食糧が無駄にならないです。

槌田さんのお米を酒にする方法も、酒になる過程で沢山の微生物たちが関与しますし、絞りかすの酒粕は魚でも肉でも野菜でも漬けられるので、無駄の少なく、希望の持てるやり方だとかんじます。
あとは、個人的に感じていることですが、放射性物質の電子をうまいこと電池替わりに捕捉できないかな?と
LEDという素晴らしい発光装置があるので、微量な電流でも発光しますし、光にかえることが可能になれば、更に浄化が早まると思いました。どちらにしてもはっこうに期待してますが^^;
>  
>  余談ですが・・
> 槌田敦さんのお話の『締め』(・・敢えて『オチ』とは表現しませんね。。)は、
>  「高レベルの汚染米は、東電に買い取らす」
> です。
>  勿論、高レベルほど高値買い取りでしょう。
> 1Bq 1円 でも高いとは言えないでしょう。

同感です。本来でしたら、当然のことだと感じます。が、なされていない。
この国をみていると、弱いもの虐めが得意な文化に成り下がってしまったのか?と錯覚を起こします

Re:Re: >微生物浄化法 

 不安定な放射性物質が崩壊して次の物質になるときに出すのが放射線です。α線はヘリウム原子核、γ線は電磁波です。β線は電子ですが、中性子がβ崩壊して出てくるもので、それを崩壊前に微生物がそぎ取る事は不可能でしょう。

 槌田敦さんのおっしゃっている意味は、放射性物質を含んだものを微生物が食べますが、それで放射能が無くなると言う意味ではなくて、放射能が微生物の体の中に取り入れられるから、その微生物=絞りかすの酒粕 を除去すると言う意味です。だから搾りかすは使えないでしょう。微生物も体は原子で出来ている訳で、その原子核の中の核子はいじれる筈もないでしょう。
 槌田敦さんは物理学者ですから、放射性物質自体は化学反応で取り除けない事は勿論、時間--放射性崩壊 しか放射能が無くなる事は無いと考えていらっしゃいます。 

>除染物質を集めた(いわゆる濃縮)吸着物はやはり高放射性廃棄物として管理しなければならないですし、そうするとそれに関わる人々を被ばくさせてしまう危険性も高くなります。

そうですね。おっしゃる通りそれが問題ですが、放射性物質は、そうやって管理するしか方法がありません。一度拡散してしまったものを濃縮する事は非常に困難ですし、他の犠牲を伴います。今問題になっているのは、まさしく大気中や海、地下水などへの拡散です。日本政府は、出てしまったものは、更に薄めて拡散してしまえ・・・と言う対症療法のようです。・・それしかないのも現状と言えましょう。槌田敦さんもそのような事もおっしゃっています。

でも、上のコメントにも書いたように、理屈はどうあれ、除染出来ればいいと感じます。

 その除染が、放射性物質を取り除いて他に捨てる、拡散させる…という方法でなく、放射性崩壊無しに、放射性物質の放射能を消滅させる・・と言う(・・物理の法則まで覆す・・)事であれば、世紀の大発見、大発明になるでしょう。

Re: Re:Re: >微生物浄化法 

雑草さんこんばんは^^
流石にお詳しいですね勉強になります!槌田さんも凄いけど雑草さんも凄いっす。

>  不安定な放射性物質が崩壊して次の物質になるときに出すのが放射線です。α線はヘリウム原子核、γ線は電磁波です。β線は電子ですが、中性子がβ崩壊して出てくるもので、それを崩壊前に微生物がそぎ取る事は不可能でしょう。

>  槌田敦さんのおっしゃっている意味は、放射性物質を含んだものを微生物が食べますが、それで放射能が無くなると言う意味ではなくて、放射能が微生物の体の中に取り入れられるから、その微生物=絞りかすの酒粕 を除去すると言う意味です。だから搾りかすは使えないでしょう。微生物も体は原子で出来ている訳で、その原子核の中の核子はいじれる筈もないでしょう。
>  槌田敦さんは物理学者ですから、放射性物質自体は化学反応で取り除けない事は勿論、時間--放射性崩壊 しか放射能が無くなる事は無いと考えていらっしゃいます。

陽子や中性子が過剰な原子核がより安定した原子核にβ壊変する時に出る電子を微生物が捕捉しているとは考えられないでしょうか?γ線やX線は光子と呼ばれるエネルギーなので、微生物特に光を自身の活動エネルギーに変換できる光合成細菌などは有効に捕捉していそうなイメージを持ちます。確かに核種自信の陽子や中性子を変える力はないと思いますが、不安定な状態の電子(束縛エネルギーの低い)をパクッと食べて自分の活動するためのエネルギーにちゃっかり使っていないかな…と。そういう意味でそぎ取るという言葉を使ってます。
でもよく考えると、微生物の体もどんなに小さくても原子はあるのですよね…。この辺の仕組みでわかりやすい資料があればみてみたいです。放射性物質の励起状態や基底状態を微生物の電子が早く形を変える助けをおこなっているってことはないですかね。

それと放射線が飛ぶ距離が、微生物群の中を通過するときの距離と、そうでないノーマルの空間を飛ぶ距離の相違が得られれば、微生物達がどのように電子を捕捉しているかを解明できる手がかりとなりそうな感じがシロウトながらに思いました。物理学を糧にできる程の智慧はないですので、間違いだらけでしたらすいません。

> でも、上のコメントにも書いたように、理屈はどうあれ、除染出来ればいいと感じます。
非常に同感です

>  その除染が、放射性物質を取り除いて他に捨てる、拡散させる…という方法でなく、放射性崩壊無しに、放射性物質の放射能を消滅させる・・と言う(・・物理の法則まで覆す・・)事であれば、世紀の大発見、大発明になるでしょう。
これに超期待しています。(他人任せですが)

放射性物質の放射能を消滅させる方法 

 原発の運転を始める前から問題になっていたのが、使用済み核燃料など放射性物質の放射能の消滅方法です。それが確立される前に、原子物理学者がその問題を解決すると言う空約束で、原発は見切り発車されてしまいました。その後原子物理学者によって、長寿命の超ウラン放射性原子核に中性子を当てて放射能の寿命を短くする方法が研究されました。その結果、超ウラン元素に中性子を当てて消滅させるのに50年間も原子炉の中に入れて置かなければなりませんし、この間に消滅するよりも遥かに上回る超ウラン元素が出来る事がわかったとの事です。(・・以上、槌田敦さんの書物に書いてありました。)
・・・と、言う事で放射能を消滅させる方法は見つかっていません。 安易に、それが可能だ・・・と言ったら原発推進にブレーキが掛けにくくなりますから、慎重に発言しなければならないと思います。

 その前提で、アルテミスさんのお返事を拝見致しましたが、予期した以上に興味深いものでした。

>β壊変する時に出る電子を微生物が捕捉しているとは考えられないでしょうか?

なるほど、これなら、半減期を早める・・というような無理な事ではなくて、放出された放射線の捕捉・・・と言う事ですね。β崩壊の電子を捉える事は不可能ではないかも知れませんね。その場合、強い磁力とか電気的引力が必要な感じはします。
γ線はちょっとした壁などもすり抜けますから、微生物による捕捉は難しいとは思いますが、

>微生物特に光を自身の活動エネルギーに変換できる光合成細菌などは有効に捕捉していそうなイメージを持ちます

は読んでいて、なるほど、もしかして可能性は無きにしも非ず?・・と思いました。

>微生物の体もどんなに小さくても原子はあるのですよね

勿論、どんなに小さくても微生物の体はかなり多くの原子で構成されているでしょう。・・・問題は、原子を構成している非常に小さい核子をどうやって捕捉するか・・・ですね。

>放射線が飛ぶ距離が、微生物群の中を通過するときの距離と、そうでないノーマルの空間を飛ぶ距離の相違が得られれば、微生物達がどのように電子を捕捉しているかを解明できる手がかりとなりそうな感じがシロウトながらに思いました

おお、なるほど!・・ここが一番可能性のあるところかも知れません。件の「古代海藻粘土」も、仮に本当に放射線量を減らせる事が出来るとすれば、(・・そういうデータは見せて頂いたのですが、まだ眉唾の感は否めません。・・)それは、放射線の放射距離が減る、即ち放射線の遮蔽効果かも知れませんね。

 原発計画が始まってから半世紀以上、放射能の消滅、減量に関して、物理的アプローチは失敗続きです。・・・もう諦めた原子物理学者のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか?
・・・生物的アプローチが可能性があるとは考えていませんでした。その大きさのスケールから言えば不可能な感じもしますが、ひょっとしたら、ひょっとしますね。

>これに超期待しています。(他人任せですが)

他人任せでなくて、御自分で実験されるのもいいかも知れません。これが出来れば、錬金術以上に世の為になる画期的な大発見でしょう。

Re: 放射性物質の放射能を消滅させる方法 

雑草様

おはようございます

>  原発の運転を始める前から問題になっていたのが、使用済み核燃料など放射性物質の放射能の消滅方法です。それが確立される前に、原子物理学者がその問題を解決すると言う空約束で、原発は見切り発車されてしまいました。その後原子物理学者によって、長寿命の超ウラン放射性原子核に中性子を当てて放射能の寿命を短くする方法が研究されました。その結果、超ウラン元素に中性子を当てて消滅させるのに50年間も原子炉の中に入れて置かなければなりませんし、この間に消滅するよりも遥かに上回る超ウラン元素が出来る事がわかったとの事です。(・・以上、槌田敦さんの書物に書いてありました。)
> ・・・と、言う事で放射能を消滅させる方法は見つかっていません。 安易に、それが可能だ・・・と言ったら原発推進にブレーキが掛けにくくなりますから、慎重に発言しなければならないと思います。

このような背景があったのですね^^;雑草さんの慎重な発言の意図が良く理解できました。

〉その場合、強い磁力とか電気的引力が必要な感じはします。
> γ線はちょっとした壁などもすり抜けますから、微生物による捕捉は難しいとは思います

たしかに。物質の性質による放射線の透過率の違い。この性質を利用したものに密度計や厚さ計水分計がありますものね。X線フィルムも同じような感じですが、予算的に個人で研究できる可能性としては、測定器以外にも校正用の線源とか、施設うんぬんを考えると費用が莫大なものになりそうですから、やはり餅は餅屋にお任せしたほうが早いかも・・・と尻ごみしてしまいます。しかしながら、物質の密度によっても透過度の違いが出るくらいだから、微生物群でも…きっと…と淡い期待が浮かびます。

放射線の強さもすごいですが、菌の世界もカオスです。1gあたりの生息数が何兆個とも言われていますので生物学的処理も充分期待できると個人的に思います。

実にならないかもしれない議論にお付き合いいただきありがとうございました^^
おかげでとても勉強になりました!

放射能消滅 

 おはようございます。

 大体議論は終わった感じですが、お返事したくなるようなアルテミスさんのお返事コメントでした。
放射能の除染は、現在非常にシビアな大問題ですからね。

 現在、確率論的に時間の関数でしか表わされていない放射性物質の消滅を、人為的に消去する事は、私自身は、慎重と言うよりも殆ど無理、無意味と考えていました。
 でも、アルテミスさんのコメントは、予想外に面白い内容だったので、興味深く読ませて頂きました。

 当方が、
>御自分で実験されるのもいいかも知れません。

と書いたのは、アルテミスさんが、EM(もどき)を使われて実践していく中で、放射能を検出せずに安全に作物が出来たかどうか調べる・・・程度の事を書いた積りでしたが、それではまともな実験じゃないですね。おっしゃるようにしっかり調べるのは非常に大変ですね。対照実験もしっかりやらなければなりませんし・・。

>予算的に個人で研究できる可能性としては、測定器以外にも校正用の線源とか、施設うんぬんを考えると費用が莫大なものになりそうですから、やはり餅は餅屋にお任せしたほうが早いかも・

 アルテミスさんのおっしゃるようなしっかりしたスタンスでやらなければ、実証には程遠いですね。もしも万が一世紀の大発見になるならば、アルテミスさんがその一端を荷ったら凄いな・・・と安易に実験を勧めてしまい、失礼致しました。

>菌の世界もカオスです。

そうですね。放射能に関しては未知ですが、菌、細菌、バクテリア・・はこれからも色々幅広い有効利用法が考えられるでしょうね。

有意義な実になる議論でした。

Re: 放射能消滅 

雑草さん こんにちは^^

コメントに返答いただきありがとうございます。何気に律儀ですね^^b

参考にして貰えればありがたいですが、私の良く覗くブログにこんな記事がありました
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-1776.html

それと光合成細菌の培養方法ですがこの方のやり方もかなりいいと思います。一度殺菌しているから
企業でつかう純粋培養に近いかたちになるかも…こちらも最近よく伺っています。
http://nariwaitomo2010.blog137.fc2.com/blog-entry-250.html

菌の優位性さえおさえておけば純度はともかく光合成細菌が培養が可能です。これができれば誰にでも実証はできなくても実験くらいはできると思いますし。何よりも一人一人が実践できれば浄化が早くなると感じますので。

雑草さんのおっしゃる通り実証するためには、それなりの設備や個々の知識経験が必要になると思います。でも個人でやるとなると時間がかかる。だからこういう時の人との繋がりって大切なのだなぁ…とかんじます。今現在日本がおかれている状況は、一人一人に今までの生き方はどうでしたか?これからの生き方はどうしますか?と見えない存在からの質問を受けているような感覚を受けます。(別に宗教に属しているわけではないですよ^^;)

「もしも世紀の大発見に繋がる一端を担ったら…」
ありがたいお言葉ですが、私の柄ではないです^^私はどうやら人と人の架け橋役のような使命を背負っているかもしれない。と今までの人生の中で、おぼろげながらに感じています。

世紀の大発見についてですが、厳密に解釈すると色々な人が関係してくるのですよね。それこそ時系列にメモすれば、あの人とこういう会話をしていて閃いたとか、たまたま通りすがった美女にヒントになるものがついていたとか、地震で崩れた倉庫の整理を手伝っていたら、欠けている部分を埋めてくれるようなものが出てきたとか

変な話、雑草さんが私の議論の中身を覚えていて後々の研究でそれがヒントになって閃いて世紀の発見に繋がることだって充分にありえるのですよね。と考えてみたら面白かったので書いてみました。方向性のない文章ですいませんが^^;
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【もしもし亀よ亀さんよ】へ
  • 【サザザさん】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。